4778311418

「猿岩石」のブレイクからどん底を味わい、今度は「毒舌芸人」として再ブレイクした有吉弘行ですが、勢いが止まらないみたいです。テレビ界の"裏長者"有吉弘行という記事になっていました。

現在、レギュラー番組は15本。今月からは「ウーマン・オン・ザ・プラネット」(日本テレビ)、「有吉ジャポン」(TBS)、「有吉VS.ベッキーのクイズ80」(日本テレビ)の新番組が始まった。

レギュラー番組は、なんと15本だそうです。15本ですよ、15本。冠番組がいくつもありますから、大ブレイクですね。

所属事務所の担当者は「猿岩石時代を知らない若い女性ファンがすごく増えました。一方で、本を買うのは男性が多いですね。言いたいことを代弁してくれるというのがあるのかもしれません」とホクホクだ。

「猿岩石」はリアルタイムで見ていたのですが、調べてみると、ヒッチハイクしていたのは1996年なのですね。17年前ですよ。

「猿岩石時代を知らない若い女性ファンがすごく増えました」って、そりゃそうですよね。アラサー以上じゃないと覚えてないんじゃないでしょうか。

ニホンモニターの調査によれば、11年の「テレビ番組出演本数ランキング」は堂々の1位(499本)。2位のビビる大木より3本多い僅差の勝利だったが、今年はダントツで連覇を果たしそうな勢いである。

本当にひな壇に座っている姿よくを目にするのですが、テレビにも出まくりなんですね。

有吉弘行のゴールデン・プライムの1時間番組の出演料は1本150万円以上で、それを出演回数で計算するとギャラは10億円、事務所と折半しても5億円、ということだそうです。

「猿岩石でブレークした当時は月収2000万円以上」だったそうですが、さらにそれを超える収入を稼いでいるようです。凄いなぁ。

一度、どん底を味わっているだけに、今回はじわじわと攻めているのでしょうかね。