2011-02-14_1047.png

「南海キャンディーズ」山ちゃんが「品川庄司」品川にいじめられたことをラジオで告白して話題になりましたが、直後に「品川庄司」品川が「南海キャンディーズ」山ちゃんのラジオに飛び入りして“和解”していました。

「品川庄司」品川が「山里のラジオ」というブログの記事を書いています。

はっきり言って山里にムカつきました。俺のいないとこで悪口言ってんじゃん。バカにするなら全然いいけど『いじめ』ってどういうことなんだよ。文字にすると『いじめ』って強烈なインパクトだよ。いるとこで言うならまだしも、いないとこで言われちゃったら、反論のしようもねえじゃん。って言うかそんなこと言ってねえよ。って感じでした。

経緯としては、マネージャーから電話があり「山里が謝りたい」と。会ってもらえませんか、と。そこで吉本の本社で会ったそうです。

山里が言うには、

『活字にされてしまうと、凄く酷いようになってしまって、そんなつもりではなかったんですけど、ご迷惑おかけしてしまいました』

とのこと

名前を出してラジオなりツイッターで謝罪したいという山ちゃんに対して「もう、そういうのいいから、俺にわだかまりがあるなら、飲みに行って話そうぜ」と品川。

品川が二人だと気まずいから可愛がってくれている先輩も誘おうと提案するも「大体、1人で中野で飲んでます」と山ちゃん。

そして「じゃあ今度、そのラジオに出してくれ」「本当ですか?それが一番いいです」という話に。

少し先の話だったのだけれど、急遽、サプライズで深夜のラジオにも出演することになったということです。

詳しくはブログの記事を読んで頂くのが良いとして、結論としては「僕にとっては嫌味は愛情表現なのだ」ということだそうです。

ラジオでお話したことが色々な方々に迷惑を」と意気消沈していた「南海キャンディーズ」山ちゃんだったのですが、雨降って地固まる、といった感じに収まったでしょうか。

南海キャンディーズ山里亮太責任編集 『はじめてのグラビア。』 YGA写真集 (ヨシモトブックス)

4847041119