人力舎社長・玉川さん通夜に600人参列という記事より。

11日にくも膜下出血のため亡くなった芸能プロ「人力舎」の社長・玉川義治さん(享年63歳)の通夜が13日、東京・中野区の宝仙寺で営まれた。竹中直人、爆笑問題ら約600人が参列した。

6月11日に芸能プロ「人力舎」の社長・玉川義治氏が亡くなりました。通夜には竹中直人、爆笑問題らが参列したのですが、休養中の「アンタッチャブル」柴田英嗣も駆けつけ、久しぶりにマスコミの前に姿を現したそうです。

アンタ・柴田、人力舎社長の通夜参列という記事にもなっています。

4カ月ぶりの公の場はマスク姿で訪れ、20分間にわたり育ての親に別れを告げた。会場を出る際には関係者にガードされ、沈痛な面持ちのままタクシーに乗り込み、後にした。

「アンタッチャブル」の所属事務所が「人力舎」なのですよね。

やつれた感じで眼鏡はかけておらず、緊張からか目をかっと見開きながら」とも伝えられていますが、ただいま無期限休養中の柴田英嗣、何を思うのでしょうか。

ネタフルでは次のようなエントリーを書いています。

「アンタッチャブル」柴田、芸能活動を長期休養
「アンタッチャブル」柴田、無期限休養は体調不良?
「アンタッチャブル」柴田、休養の原因は女性問題!?
「アンタッチャブル」山崎と柴田は絶縁状態!?

■関連記事

人力舎社長・玉川氏の通夜後、アンタ柴田が弔問

同事務所所属で今年2月から無期限休養中の「アンタッチャブル」柴田英嗣(34)が通夜終了30分後、マスクをかけタクシーで姿を現した。約15分間滞在したが、取材対応はなかった。

竹中直人ら人力舎玉川善治社長の通夜参列

通夜が終わっても、同社長をしのぶ現役、OB問わず弟子たちが会場から離れなかった。人力舍OBの俳優竹中直人(54)は「寂しいですね。いずれにしろ、僕の心の中にずっといた人だから。最後にお会いしたのは、ずいぶん前。生きていて当たり前だと思っていたから」と言葉を詰まらせた。

人力舎の故玉川社長告別式に北陽ら200人

11日にくも膜下出血で亡くなった、芸能プロダクション人力舎の故玉川善治社長(享年63)の葬儀・告別式が14日午後、東京・中野区の宝仙寺で営まれた。雨が降る中、北陽や光浦靖子(39)、おぎやはぎら所属タレントを含む、約200人が参列した。