「ハリセンボン」箕輪はるか、肺結核で入院という記事より。

都などによると、体調不良を訴えた箕輪さんは3日、都内の病院で精密検査をした結果、肺結核のため約2か月の入院が必要と診断された。

「ハリセンボン」の箕輪はるかが、肺結核で入院したことが発表されました。

東京都は同日、感染拡大を防止するため接触者の調査と健康診断を実施するほか、電話相談窓口を設置すると発表した。

空気感染しますので、スタジオや劇場で感染することも考えられます。有名人だけに、接触している人も多いでしょう。

ずっと一緒にいるであろう相方の近藤春菜には感染していないということです。

数日前からせきが止まらない状態が続き、精密検査を受けたところ肺結核ということが明らかになったのだそうです。

それにしても、どこから感染したのでしょうね‥‥。

はりせんぼんキャップ

B001SN8L22

■関連記事

吉本興業も箕輪結核入院で電話窓口設置

吉本興業所属のお笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるか(29)が、肺結核で入院していた問題で、同社は過去4カ月(2008年12月1日から2009年4月3日)に「ハリセンボン」を応援した一部のファンが結核に感染した恐れがあるとの注意情報を6日発表した。

箕輪の結核入院で東京都が電話相談窓口設置

人気お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるか(29)が肺結核のため入院したことで、東京都は6日、感染拡大を防止するため接触者の調査と健康診断を実施するほか、電話相談窓口を設置すると発表した。