松村邦洋、東京マラソンで一時心肺停止という記事より。

22日行われた東京マラソンで、ランナーとして参加していたタレント松村邦洋(41)が午前11時半ごろ、15キロ地点手前の東京都港区の路上で倒れ、一時心肺停止状態になった。

東京マラソンにランナーとして参加した松村邦洋が倒れ、一時心肺停止になっていたそうです。すぐに医師に処置され意識を回復、そのまま入院しました。

警視庁や東京MXテレビなどによると、松村はマラソンコース14・7キロ付近の東京都港区高輪2丁目のコース上を走っていた時、突然足が止まり、そのまま倒れ込んだ。

偶然居合わせた日テレ右松健太アナウンサーによれば、口から泡を吹き、目はうつろな状態になっていたそうです。すぐにAED(自動体外式除細動器)で救急処置が行われました。

倒れた当時、松村は心臓の拍動と呼吸の停止を指す心肺停止状態だったが、その後呼吸を回復した。AEDによる処置が早かったとみられる。心停止先行の場合は3分、呼吸停止先行の場合は10分を経過すると死亡率が50%を超えるとされるだけに、早い措置に助けられた。

現在は意識もはっきりし会話もできる状態で、一般病棟に入院しているとのことです。

急な運動が身体に良くなかったのかと思いきや、数年前に始めて今回が4回目だということです。それにしても心肺停止とは‥‥。

所属事務所からは「医師の説明によりますと、急性心筋梗塞による心室細動が原因です」と発表されています。

デブの真実

デブの真実

■関連記事

松村邦洋、急性心筋梗塞だった...東京マラソンで一時心肺停止

また松村のトレーニングなど、東京マラソンに臨むまでの密着企画を放送してきた東京MXテレビ「Tokyo Boy」は、4月12日にマラソンの模様を放送する予定だったが、松村の映像は使用しないことを決定。

松村邦洋、一時心臓止まった...東京マラソン走行中に意識失う

年の東京マラソンの大会前には、大会会長で「Tokyo Boy」にも出演する石原慎太郎都知事(76)から「転がった方が早い。番組のために死んじゃったんじゃ困るからね」と、今となってはジョークにならない辛口エールを送られたことも。

松村邦洋、急性心筋こうそく...予断許さず

「合併症を伴う危険性があり、楽観論から悲観論まで現時点では何ひとつはっきりしたことがいえない」(太田プロ)といい、予断を許さない状況が続いているようだ。

松村、意識喪失は急性心筋梗塞による心室細動

松村は意識状態については、病院搬送中に意識を取り戻したが、心疾患の検査処置には安静事態が必要なため、沈静処置をしている。