劇的R-1中山功太優勝、エハラらが涙という記事より。

終盤は、COWCOW山田與志、あべこうじら、R-1常連組がそろい、7人の審査員全員が90点以上を付けるネタが続いた。それでもエハラを上回る得点は出ない。最後の10人目、中山は、時報に合わせて「まもなく○○な人をお知らせします」という、あるあるネタで挑んだ。

「R-1ぐらんぷり2009」が開催されまして、6回目の出場となる中山功太が優勝しました。ネタフルで応援していた鬼頭真也は、健闘しましたが7位でした。

結果は683点。2位に9点差をつけ、中山は「僕? よっしゃーっ!!」と絶叫し、事務所の大先輩でもある審査員の桂三枝に抱きついてしまった。生放送中に講評を聞く時間がなくなるほど、しゃべり続けた。

「R-1のことだけ考えて5年、6年やってきた。家帰って泣きたい」と語ったそうです。優勝直後には、30分で10本以上のテレビのオファーもあったみたいですね。

ただ、つんどら会長も書いているように、ぼくも中山功太はそんなに笑えなかったんですよねぇ。エハラマサヒロはすごいと思いました。バカリズムも予想外で面白かったな。

R-1ユーザー支持はバカリズムが断然という記事で、ユーザ投票が行われた結果が公開されているのですが、それによると「出場者の中で、あなたが最も面白いと思った芸人」は次のようになっていました。

1位 バカリズム
2位 COWCOW山田與志
3位 エハラマサヒロ
4位 中山功太
5位 サイクロンZ
6位 鳥居みゆき
7位 あべこうじ
8位 夙川アトム
9位 鬼頭真也
10位 岸学

期待はずれだったランキングというのもあります。

1位 鳥居みゆき
2位 中山功太
3位 岸学
4位 夙川アトム
5位 あべこうじ

常連組と敗者復活組ですね。期待の高さ、の現れでしょうか。

番組内での順位は以下の通りでした。

1位 中山功太
2位 エハラマサヒロ
3位 バカリズム
4位 COWCOW山田與志
5位 あべこうじ
6位 サイクロンZ
7位 鬼頭真也
8位 鳥居みゆき
9位 岸学
10位 夙川アトム

バカリズム ライブ「宇宙時代」特大号 [DVD]

バカリズム ライブ「宇宙時代」特大号 [DVD]

故 鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~ [DVD]

故 鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~ [DVD]

■関連記事

7代目チャンピオンは中山功太「R-1ぐらんぷり」

4番手で登場したエハラマサヒロが3番手のバカリズムを3点上回る675点をマークし、トップに。その後、サイクロンZ、鳥居みゆき、鬼頭真也(夜ふかしの会)、COWCOW・山田與志、あべこうじと登場したが、675点を上回ることはできなかった。

中山功太がR-1優勝、ピン芸人日本一

時報に合わせて「ただ今から『それはおまえが覚えとけよ』をお伝えします」。ピ、ピ、ピ、ポーン。「お釣り渡しましたっけ?」と、お題とフレーズを繰り出していくネタでスタジオを沸かせた。

中山功太R―1優勝!終了後すぐ出演依頼殺到

コンビでの活動を経て、02年にピン芸人に転向。「R―1」には05年から5大会連続の出場で、決勝の舞台は4度目。昨年は自己最高の4位に入った。

中山功太、R-1優勝賞金「実家買い戻す」

賞金の使い道については「倒産して実家がなくなったんですが、R-1に出るようになって不動産屋から買い戻さないかって電話が来て。家族の笑顔を取り戻したいので500万円を頭金にします」と宣言。

中山功太王者!4度目決勝戦 大トリで逆転!!…R―1ぐらんぷり

「とにかく大阪に帰るまで実感がわかない。くしゃくしゃのオカンの顔を見るまで、分からないと思います」

中山功太がR―1優勝「実家買い戻す」

7回目を迎えた今年のR―1には過去最多の約3400人が参加。決勝は今回初めてゴールデンタイムで生中継された。