「ゲッツ」のギャグでダンディ坂野がブレイクしたのはもう5年前。一度ブレイクしてしまうと、人には分からないようなプレッシャーがあるはず。「正直、もうブレークしたくない」と語るダンディ坂野です。

ダンディ坂野 - Wikipediaを見たら「人気絶頂の時はしばしばすべるはずのネタがウケてしまい、彼を困惑させた」と書いてありました。「ブレイクした時点で僕の中で何かが終わった気がした」という本人のコメントも。ゲッツ!

こんなに元気です。 一発屋と呼ばれて

「GET's!」のギャグで大ブレイクしたダンディ坂野。しかし次第に仕事は減り、いつの間にか『一発屋』と呼ばれることに…。思い悩んだあげく、ある日尊敬する島田紳助に悩みを打ち明ける――。「お前がなにか持ってたから当たったんや」この一言に励まされ努力を重ねるダンディに、やがて紳助から「ヘキサゴン」への出演依頼が! 紳助の気持ちに応えるようと頑張るダンディ。

こんなに元気です。 一発屋と呼ばれて