3月30日

千原ジュニアによる第2弾の自伝「3月30日」です。

「3月30日」というタイトルは、自分の誕生日で2度の意識不明から目覚めた日なのだそうです。

千原ジュニア自伝第2弾を30日発売によると発売日も30日です。「周囲の勧めで断れずに、3日で書き上げた」ということです。

14歳」が16万部を売り上げているので「3月30日」も期待の作品です。「14歳」以降、15歳から26歳までが綴られています。

千原ジュニア『14歳』に続く自伝的小説第2弾。『14歳』の引きこもり少年“僕”のその後――。

3月30日

第1章:15歳 挫折、初めての恋愛、大好きな祖父の死。

第2章:18歳 親友との出会い、芸人としての成功、先輩芸人の死。

第3章:20歳 2度目の大恋愛、阪神淡路大震災、急性肝炎で死との闘い。

第4章:21歳 『14歳』執筆

第5章:22歳 東京進出、再び挫折。彼女との別れ。

第6章:26歳 生死を彷徨ったバイク事故。不可能と言われていたお笑い界へ復活。