自叙伝で1億円…麒麟・田村“つつましい豪邸”とはという記事より。

最近になって入居したのは都心の30階建てマンション。周辺の交通量は多いが、頑丈な鉄筋コンクリート造りの建物の中に入ると、下界の物音は一切入ってこない。

これまで東京でホテル住まいを続けてきた麒麟・田村が、ついにマンションに入居したそうです。

「ホームレス中学生」も140万部を突破、印税は1億円にものぼると言われていますが、贅沢は「ちょっとの距離でもタクシーに乗ること」と語ったつつましい麒麟・田村です。

モデルルームをのぞくと、3LDK(約80平方メートル)で、家賃約32万円。多忙なプチセレブの入居者が多く、1階のジム、最上階のスカイラウンジは入居者専用。

都内のホテル暮らしと、そんなに変わらない金額でしょうか? どうなんでしょうね、ホテル暮らしの相場。もちろんホテルにもよるでしょうけど。

とはいえ、

家族思いの田村は、本が少しでも売れたら、家族のために使おうと考えていた。借金返済やお墓を建てることをまず優先。

という、本当につつましい暮らしをしているみたいです。「仲間もやっかむというより、自分のことのように喜んでいます」というのが人柄ですね。

しかし「M-1グランプリ」では準決勝敗退している今年。「23日の敗者復活戦で、がんばろうと思っています」ということですが、果たして結果は?

ホームレス中学生

ホームレス中学生