麒麟・田村 行方不明の父親発見!…米超能力者が遠隔透視という記事より。

お笑いコンビ「麒麟」の田村裕(28)の父親で行方不明だったAさん(65)が米超能力者の透視によって発見されたことが24日、分かった。

貧乏エピソードをまとめた「ホームレス中学生」が売れている、麒麟・田村の父親が見つかったそうです。なんと透視で。

父親の「解散」の一言で一家離散し、その後、田村は一人で1ヶ月に渡り「ホームレス中学生」をしていたのも有名な話になってしまいました。

その「解散」を宣言した、父親が見つかったというのです。

麒麟・田村の父親を透視で見つけたのは、アメリカの超能力者ジョー・マクモニーグル氏です。超能力の番組にはよく登場するので、名前を知っている人も多いかも。

同氏は8月上旬、バージニア州の自宅から氏名、生年月日だけを頼りに遠隔透視。「生きている」と断言。「かなりほおのこけた感じ…病気をしているかもしれない」といい、現住所の地名は「ナンバ」か「ナーバ」で、駅と思われるイラストを書いた。

スタッフが大阪で調査したところ、見つかったのだとか。

「もう会えないかもと半分あきらめていた。見つかったと言われた時は、余りの驚きに脳が全くついていかずリアクションが取れなかった。これから親孝行できるかと思うとうれしくて仕方ない」と田村は喜んでいます。

こういうのを見ても「超能力って本当にあるのかな?」と思うのですが、でも疑惑の目を持っていても、なんとなくテレビで見てしまうんですよね。

でもどんな形にせよ、生き別れた家族が再会できたのは良かったです。

この模様は25日21時から「FBI超能力捜査官 第12弾」で放送されるそうです。

ホームレス中学生

ホームレス中学生