麒麟・田村 極貧本大ヒット10万部という記事より。

現在、10万部と大ヒット中でイベントにはファンら220人が参加した。

「麒麟」田村裕が書いた小説「ホームレス中学生」が10万部を突破する大ヒットを記録しているそうです。

「段ボールを水に浸して食べたり、一時的に公園に住んでいた」ことなど、実体験に基づくもので、映画やドラマ化の話も出ているそうです。

「印税はお世話になった人に恩返しするのと、キャバクラで小さな幸せを買いたい」ということですが、ちょっとした距離でもタクシーに乗って幸せに浸っているらしいですよ。

ホームレス中学生

ホームレス中学生