ふかわ小説などPR、便乗じゃないという記事より。

お笑いタレントふかわりょう(32)が13日、都内で9日に同時発売した小説、エッセー集、CDのPRイベントを行った。7年前から裏の顔として「ロケットマン」と名乗り、DJとして活躍中。

ふかわりょう、本業以外が好調?というエントリーでお伝えしていた、ふかわりょうによる裏メニュー3部作、

・CD
・小説
・エッセー

が同時発売され、関連したイベントが開催されたそうです。

「バラエティー番組で司会者に振られても、言葉は降りてこないけど、車中で自分が作った曲を聴いているときは、詞が次々と頭に降ってくる」

↑これはその中でのコメントです。

「テレビではアドリブがまったくきかないタレントとして有名」とか書かれてますよ。がんばれ、ふかわりょう!

「便乗か?」という質問には「劇団ひとりと比べられるのは困る。ボクも前から書いていた」とコメントしたそうです。

ブラウン管の中でのオドオドした態度は違って自信満々だが、集った150人の熱狂的ファンは大喝采。どうやらふかわの裏の顔は、本物らしい。

テレビのおどおどはキャラクターなのでしょうか。

第267回「それはみんなが決めること」を読むと、確かにテレビとは違う顔があることが分かります。

THE SOUND OF MUSIQUE

THE SOUND OF MUSIQUE

DSJ―消える街

DSJ―消える街

無駄な哲学

無駄な哲学