そのまんま東知事、師匠たけし毒舌に苦笑という記事より。

宮崎県のそのまんま東(本名・東国原=ひがしこくばる=英夫)知事が1日、東京都内で「東京スポーツ映画大賞」の授賞式に出席、タレント時代の師匠ビートたけしと再会した。

「東京スポーツ映画大賞」で特別賞を受賞した東国原知事が授賞式に参加し、授与した師匠のビートたけしと久しぶりの再会をしたそうです。

芸能界を引退した東国原知事とビートたけしはなかなか交わるところがなかったようなのですが、いきなりこんな場で再会するのは凄いですね。

「こういう型にはまっていないやつが知事をやらなきゃ駄目」とビートたけし。「芸人の時、今くらいしゃべれたらもっと売れたのに」と突っ込まれる場面も。

「今でも父であり、師であると思っています」というくらいですから、やはり嬉しかったでしょうね。誰よりも認めてもらいたかった人の一人だったのではないでしょうか。

東知事 たけしの毒舌エール浴びたによると、

「うちの事務所は、失敗したやつは全部受け入れる。“2代目そのまんま東”はゾマホンだから、あいつが戻ってきたら3代目だな」

ということで、既にそのまんま東には2代目が誕生しているそうです。笑える。

「こういうやつが知事にならなきゃ駄目。型にはまらないしね。変えなきゃいかんとです!」とネタで宮崎弁を使ったり、「シーガイアに映画のオープンセットを造れと言った。ロケで優遇してくれるんだったら(撮影で)宮崎に行くよ」など、うまいし愛を感じます。

どん底 新装版

どん底 新装版