華丸がR−1制覇という記事より。

ピン芸人NO・1の座を競う「R−1ぐらんぷり2006」の決勝戦が19日、フジテレビ系で放送され、初挑戦の博多華丸(35)が史上最年長で優勝した。

博多華丸は福岡出身で、漫才コンビ「博多華丸・大吉」としてルミネtheよしもとなどで活動していたそうです。


優勝後の会見では「僕には(コンビという)帰る所があるので、ピンの方よりもリラックス出来たかもしれない」と話していた。

決勝戦には浅越ゴエ、あべこうじ、友近などのピン芸人もいましたが、それらを抑えての優秀となったそうです。ネタは児玉清のモノマネだったそうです。

ということで、ピン芸人No.1の座を競う大会で、漫才コンビを組む一人が優勝してしまいました。

■関連記事

「R—1ぐらんぷり」王者は博多華丸

過去最多となる出場者1761人の頂点に立ったが、今回のエントリーは相方・大吉が勝手にしたそうで「優勝賞金は相棒に半分あげます」と話した。