新コンビ「竹山崎」でM−1初戦突破という記事より。

漫才日本一を決めるM−1グランプリ2005の予選1回戦が29日、都内で行われ、山崎邦正(37)とカンニング竹山隆範(34)がコンビ「竹山崎」を組んで電撃出場した。

「怒鳴り系ツッコミ同士」という解説が笑える。確かにそうだよね。どっちもキレてるイメージがありますな。

コンビ名にケチをつけてわめく山崎に竹山が「死ね!」。「すべっとるやないか」(山崎)「ネタ作りをしろ」(竹山)とののしり合い、持ち時間3分を過ぎて強制終了させられても場外で怒鳴り合っていた。

ちょっと見てみたい気も。ボケと突っ込みでなく、キレとキレ。

「竹山崎」は2回戦に駒を進めたそうです。決勝までいったりして??

■関連記事

Wキレ!新コンビ「竹山崎」初戦突破

持ち時間をオーバーし、舞台が暗転して強制終了となるも、一向に構わずののしりあうなど持ち味を存分に発揮。竹山は「感想もなんもグッチャグッチャや!」とキレまくり、山崎は「いやーよく受けましたね」とご満悦だった。