紳助年明けに復帰、吉本興業が発表しています。本人のモチベーションはどうなんでしょうね。

同社によると、紳助は10月25日から芸能活動を自粛。既に傷害罪で略式起訴され罰金30万円を納付しており「刑事処分が終了し、相応の期間も経過した」ことから復帰を決めた。被害女性との示談はまだ成立していないが、吉本側は紳助が誠実に対処していると判断。

■関連記事

紳助来月復帰、被害女性と示談未成立も

しかし、被害女性側は民事訴訟を視野に入れ、強硬姿勢を崩していない。復帰については世論の反発も予想され、紳助をめぐる状況はなお流動的だ。

紳助 示談不成立も年明け復帰

吉本興業がマスコミ各社に送ったファクスによると、復帰の理由としては「刑事処分が全(すべ)て完了し、相応の期間が経過したこと」「相手と未(いま)だ示談は成立しておりませんが、島田が誠実に対応していることと認められ、今後も謝罪の意思で誠意を持って対応することを誓約している」などが挙げられている。