島田紳助を略式起訴、罰金30万円だそうです。

所属する吉本興業の女性社員を殴ってけがをさせたとして、大阪区検は9日、傷害罪でタレント島田紳助(48=本名・長谷川公彦)を略式起訴した。大阪簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し、島田は納付した。

本人からの申し出で、引き続き活動は自粛するそうです。島田紳介は「司法判断を厳粛に受け止め、今後ともご本人(被害者)に誠実に対応していきたいと思います。関係各位には、多大なご迷惑をお掛けしたことを重ね重ね深くおわびします」とコメント。聞くところによれば引退もほのめかすほど、弱り切っているということなんですが。復帰はかなり先になりそうな予感がしますし、これだけ打ちのめされると果たして、復帰後にも同じようなテンション・芸風で続けられるもんなんでしょうか、という気もします。

■関連記事

紳助 略式起訴も復帰メド立たず

これで刑事処分と謹慎延長は決まったが、女性の怒りは収まらない。弁護士を通じてコメントを発表。「ようやく正しい暴行の内容が認められた」と一部で処分内容を評価したものの、「ここから私の名誉回復が始まると思う」「真実は最終的に勝つ」などと不満をあらわにした。