紳助暴行相手が示談拒否、芸能活動自粛かという記事より。

関係者によると、騒ぎは25日午後3時ごろ、大阪市北区の朝日放送で起きた。同局「クイズ!紳助くん」(関西ローカル)の収録前に、紳助がマネジャーに「何や、その態度は」などと激高。その後も双方が譲らずにもみ合いとなり、けがを負ったマネジャーが自分で110番通報した。

もともと面識のなかった二人だそうですが、救急車やパトカーが駆けつける騒ぎに。このマネージャーは勝谷誠彦氏の担当で、吉本興業の社員だそうです。マネジャーは近くの病院に運ばれ「頚椎(けいつい)ねんざで軽傷」と診断され、自分で警察に行って被害届を出したんだとか。

示談して被害届を取り下げるよう言われるも断固拒否の姿勢。とにかく腹に据えかねることがあったんでしょうね。島田紳助さんが涙の謝罪 女性暴行で10日間の謹慎という記事によれば「番組収録前に女性社員と口論になった。楽屋に引きずり込み、髪の毛をつかんで座らせた上で、平手で頭を1発たたいた」とか。何がきっかけかは記事からは分かりませんが、女性にとってはかなりの恐怖だったのでしょう。

所属する吉本興業(大阪市)の女性社員(40)を殴りけがを負わせたとして、傷害容疑で被害届を出されていた人気タレントの島田紳助=本名長谷川公彦=さん(48)が28日、都内で記者会見し、殴った事実を認めた上で「100パーセント僕が悪い。本当にすみませんでした」と時折涙を流しながら謝罪した。

■関連記事

紳助号泣謝罪「僕が100%悪い」

怒った理由については「言い訳になるので…」となかなか詳細を語らず。しかし、報道陣に再三尋ねられると「大崎、木村と会社の取締役だった人を呼び捨てにした。なぜ僕がお世話になった人を呼び捨てにするんだろうと思った。立ち去る時に、吉本に入って4、5年目と言った。僕の中の正義、愛社精神から、なんでこんなやつが会社にいるんだろうと勝手に解釈して、勝手に怒って、勝手に暴力を振るった」と明かした。