次世代無線通信免許、2枠目はウィルコムに 総務省という記事より。

総務省は、移動中でも高速でネット接続できる次世代無線通信の事業免許について、割り当てが確実になっていたKDDI陣営に加え、PHS最大手ウィルコムに与える方針を決めた。

移動中でも高速でネットができる次世代無線通信の免許が、ウィルコムにも割り当てられることが確実になったようです。

4社で2枠を競っていたのですが、KDDI陣営とウィルコムということになりました。「事業展開の準備状況などで両陣営の評価が高かった」ようです。

ウィルコムは、「日本発」の技術である現行PHSを発展させた「次世代PHS」技術を採用。ワイマックスに比べて国際展開で劣るが、既存の設備が使えるうえ、通信速度が落ちにくいのが特徴とされる。

ただし営業開始は2009年ということで、ウィルコムとしてはそれまでどれだけユーザをつなぎ止められるか、ということもポイントになるのではないでしょうか。

ぼくも既に、データ通信はイーモバイルに切り替えてしまいましたからね‥‥。