MacとWindows Mobileを同期する「SyncMate」を紹介しましたが、実際に試してみました。結果としてはうまく同期することができました。

Syncmate Report 1

普段からMacとアドエスを同期することはなかったので、あまり必要性は感じなかったのですが、アドエス - MacBook - iPod touch の三者できちんと連絡先なりが同期できたら便利だろうなぁ、とは思っていたので試してみました。

インストール後、起動すると↑のような画面になります。「PSとUSBで接続せよ」となっているので、いきなり接続してみました。

「デバイスにアプリケーションをインストール」となっていたので手間がかかるかと思いきや、「Connect」をクリックすると接続のはずですが、いつの間にか何もすることなく接続していました。

そして躊躇することなく「Sync now」もクリック。日本語が使えるかどうかも分からないため、ここから先は冒険です。

Syncmate Report 2

何やらログが更新されていきます。

最後に「連絡先とカレンダーを同期しますか?」という内容のダイアログがでたので、とりあえずそこはキャンセルします。

どうも様子をうかがうと、普通に同期できてしまったようです。

ということで、ここでようやく感じがつかめてきたので、同期する設定を確認します。同期できる項目は以下の通りです。

・ブックマーク
・連絡先
・フォルダー
・iCal
・iPhoto
・iTunes
・Notes
・時計

それぞれの設定項目は以下の通りです。

Syncmate Report 3

Syncmate Report 4

Syncmate Report 5

Syncmate Report 6

Syncmate Report 7

Syncmate Report 8

Syncmate Report 9

Syncmate Report 10

ソフトをインストールしたい時は、フォルダを同期してファイル転送すれば良いのですね。他にもiPhotoが同期できたり、なかなか面白いと思いました。個人的には時間を合わせられるのもグッドです。

それ以外にも下記のような機能があります。

インストールしているアプリケーションのリスト
Syncmate Report 11

デバイスの情報を表示
Syncmate Report 12

SMSの管理
Syncmate Report 13

ログの表示
Syncmate Report 14

いきなり使いましたが、今のところは大きな問題なく動作しています。唯一「デバイスの情報を表示」でアプリケーションが落ちました。ただし、この機能自体は必須でもないので、なくても困らないです。

ユーザインターフェースも、とてもシンプルで良いと思いました。英語ですが、直感的に使えます。二度目の同期からはケーブルを接続するだけで、アプリケーションが起動しました。

アドエスとMacの同期には「Missing Sync」もありますが、あちらは39.95ドルでこちらは無料。このアドバンテージはけっこうあるのではないでしょうか。

ぼくのところでは問題は起きていませんが、ベータ版ですしデータを破壊する恐れもありますので、試用は自己責任でお願いします。

製品ページ
ダウンロードページ