「PlaceEngine」の仕組みとは?というエントリーでも紹介した「gmm_navi Auto」を試してみました。

W-SIMより現在位置情報を取得し、それを Google Maps 上に表示します。

インストール方法などは「説明テキスト」を参考にして頂くと分かりやすいと思いますが、基本的にはダウンロードして解凍して、どこか好きな場所に置けばOKです。

zipファイルだったのでMacでダウンロードし解凍、それをメールで送信して添付ファイルを適当な場所に保存する、という方法をとりました。

ちなみに本体は「gmm_navi.exe」という実行ファイルなのですが、このままだとGmailではセキュリティの問題から送信不可です。

そのため「gmm_navi.ex」として送信し、保存する際に「gmm_navi.exe」に戻すという方法を取りました。

レジストリを使用しないため「gmm_navi.exe」を保存する場所はどこでも良いということなのですが、アプリケーションへのアクセス、起動が簡単にしたいところ。

「Windows」→「スタート メニュー」に「gmm_navi」フォルダを作成し置きました。これでスタートメニューから簡単にアクセス、起動が可能です。

R0011719

「INIファイルが無くても動作します、無い場合はデフォルト値で動作します(自動生成はしません)」ということになので、実行ファイルをそのまま置いても良いかもしれません。

使い方は起動するのみです。起動すると「モバイルGoogleマップ」が起動しダイアルアップ、位置情報を取得し現在位置を表示してくれます。

R0011718

うーん、あっけなくて簡単。しかもかなり正確な位置を表示してくれました。

けっこう使えそうな予感がするので、しばらくGPSは買わなくても良いかもしれません。

位置情報の取得方法の特徴としては、

・GPSだと建物の多い都心部が苦手
・山間部だと無線LANがないので「PlaceEngine」が苦手

ということがあるようなのですが、W-SIMによる位置情報取得だと、この中間くらいに位置する感じになるのでしょうか。

ぼくは料金プランが「ネット25」で「NAVITIME」も使えないので、W-SIMによる位置情報は面白いしありがたいです。最近はGPS+地図が面白いと思っていたので。

ウィルコムストア