新W-ZERO3の予約は1万台、通話定額の新構想も——ウィルコムという記事より。

喜久川社長によれば予約件数は1万台を超えており、「とても順調」だという。

7月18日の記事なので少し古いですが、予約はほぼ1万台だったようです。今回は在庫が潤沢にあったのか、当日、ないしは翌日でも浦和では購入が可能でした。

「20Mbps以上の通信速度を実現する」という、次世代PHSにも期待したいところです。

基本はW-OAMでそれなりに全国でデータ通信ができて、都市部ではワイヤレスなブロードバドが使えるというのは理想的ですね。

さらに、アドエス関連では次のような記事も出てきています。

ウィルコム、Advanced/W-ZERO3[es]ハードウェアレポート

今回は、ずいぶんとネジの数が増えている。大きな理由の1つは、バッテリ室の底にあたる部分がアルミニウムの部品となり、これをネジで止めているからだ。なお、本体を止めているネジは、カメラ部分の化粧パネルやW-SIMスロットカバーの下にもある。

USB端子から充電できるか——「Advanced/W-ZERO3[es]」

Advenced[es]では「USB給電」と表記しており、USBケーブルでPCと接続して通信機能が有効にならないと給電されない。

カメラ部分の化粧パネルの上にネジがあるというのは、けっこう萌えました。なんでしょうね、ネジが見えると萌えるというのは。自分でもよく分からないんですけど。

ウィルコムストア