ウィルコム、W-ZERO3の新モデル「Advanced/W-ZERO3[es]」という記事より。

ウィルコムは、「W-ZERO3」シリーズの新製品として、W-SIMに対応したWindows Mobile 6搭載の「Advanced/W-ZERO3[es](アドバンスト ダブリューゼロスリー エス、型番WS011SH)」を発表した。

ついに「W-ZERO3[es]」の後継となる「Advanced/W-ZERO3[es]」が発表となりました。

7月中旬の発売予定で、新規加入で29,800円だそうです(ウィルコム定額プラン+データ定額を同時契約の場合)。

011Sh1

事前にリークされていたバナー画像は本物だったのですね。リーク画素を見た限りでは、あまり代わり映えがしていない感じでそそられなかったのですが、よく見るといいですね‥‥。

何がいいって、数字キーやキーボードの見た目がいいです。なんとなくMacBook Proを彷彿とさせるというか何というか。早く触ってみたいです。

OSには「Windows Mobile 6」日本語版のClassic Editionが採用され、CPUには「Marvell PXA270-520MHz」というのが搭載されているのですが、果たして使用感はどんな感じなのでしょうか。

基本的にはぼくは、あまりアプリケーションはインストールしないで使用するのですが、ブラウザやメーラーなどのデフォルトアプリケーションがサクサクと起動することを祈るのみです。

特徴的なのは「Xcrawl(エクスクロール)」という、ジョグダイヤルとカーソルキーが一体化したキーで、果たして使いやすいのかどうか、これもまた実物を触ってみたいところです。

確かにメールやウェブサイトをスクロールさせるには、便利なような気もします。

カメラは130万画素、IEEE 802.11b/g、赤外線がサポートされます。無線LANのサポートは意外に嬉しいカモ。

今回はスタイラスは内蔵ではなく、ストラップタイプになっているそうです。スタイラスは知らないうちに落としてしまうことがあるので、これは良い変化ではないかと思います。

SkypeやらTwitterやらを使う機会が増えているので、なんとなくキーボードは欲しいと思っていたのですよね。

記事を見ていくと、

・W+Info(情報配信)
・NAVITIME
・Google Maps

などにも対応していることが分かりますね。方向音痴ぽいので、普通に「Google Maps」が見られるのはありがたいです。

サードパーティーなどから外付けでワンセグチューナー、Bluetoothアダプタ、GPSアダプタなどが発売されるようなのですが、せめてどれか一つくらいは内蔵して欲しかったかな‥‥。

Bluetoothを使ってMacBookで通信できる最高なんですけど、果たしてどうでしょうか。

ウィルコム、WVGA液晶/無線LAN搭載スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」〜Windows Mobile 6採用で「W-ZERO3[es]」との比較写真が掲載されているのですが、数字で見るとわずかな差かもしれませんが、持ってみると意外に違いを感じるかもしれませんね。

写真で見た感じだと、やはり質感は向上している予感。スライドする機構もパシャパシャした感じでなくなっているかも? 手には収まりが良さそうです。

このコンセプトに沿った新製品を開発することにより、「女性層を中心としたユーザーの拡大を目指す」とした。

現行の[es]でも女性ユーザをけっこう見かけるのですが、“Advanced”ならばさらに女性が手に取りやすい予感がしますね。

「9(nine)」で満足しているので買わないと思っていたのですが‥‥これはやばいなぁ。

追記:X-Wの正式名称は「Advanced W-ZERO3[es]」発表会・情報まとめによると、機種変更は34,800円(10ヶ月以上・データ定額セット加入)、39,800円(10ヶ月以上)ですが、単体販売は当面見送りだそうです。なにー!

ウィルコムストア

■関連記事

Advanced/W-ZERO3 [es]:シャープ
I-O DATA Press Releaseウィルコム社製スマートフォン端末 W-ZERO3シリーズに対応した3製品を開発
プレスリリース 幅50mmのスマートなスマートフォン誕生 3インチワイドVGA液晶を搭載し、さらに進化したW-ZERO3[es]