東芝製“Carrots”が6年ぶりに復活--ウィルコム、新音声端末を発表という記事より。

ウィルコムは5月31日、東芝製の音声端末「WX320T(Carrots)」を7月上旬より発売すると発表した。アンテナを内蔵し、コンパクトなサイズを実現した。

ウィルコムに6年ぶりに東芝製端末が復活しました。「WX320T(Carrots)」ということで、“キャロット”ブランドで復活しているようです。

思えば、初めて携帯電話というものを購入したのは(PHSですが)DDIポケットで、しかも“キャロット”だったことを思い出しました。

特徴は、

ウィルコムの端末としては初となる赤外線通信を搭載しており、他社の携帯電話とアドレスや画像データなどを交換できるようになった。

というところでしょうか。「W-OAM」にも対応です。発売開始は2007年7月上旬の予定。

「PHS事業から撤退したわけではなく、技術は追いかけていた」ということで、ウィルコムからの要望により復活したということです。

アンテナレスなので、かなりすっきりとしたデザインになっています。

ウィルコムストア

■関連記事

ウィルコム、東芝製のPHS音声端末「WX320T」発表 - 6年ぶりの"Carrots"復活

赤外線通信機能を採用した背景としては、通話定額で2台目のサブ回線としてPHSを購入するユーザー向けに、より簡便な連絡先変更の通知手段を提供することで、PHSをメイン回線として使ってもらえるよう働きかける意図もある

ウィルコム、アンテナ内蔵のW-OAM対応東芝製音声端末「WX320T」を発表

ダイヤルキーは、東芝製の携帯電話ではおなじみの「でかキー」を搭載し、操作性にも配慮している。

東芝が6年ぶりにウィルコム端末、「Carrots」復活

東芝モバイルコミュニケーションの統括技師長、岡本光正氏は「初心に返って」の6年ぶりのPHS端末投入の背景として、定額プランの開始によりPHS市場が拡大していることを挙げた。