ウィルコム、W-OAM対応の“京ぽん”「WX320K」を発表――発売は2月中旬を予定という記事より。

従来モデルに引き続き、PC向けサイトを閲覧できるOpera ブラウザを搭載し、RSSリーダーやJavaMIDP2.0、高度化通信規格「W-OAM」に対応。最大でSXGAサイズの静止画撮影が可能な有効約130万画素CMOSカメラを備え、プリセットゲームには「アルカノイド」を用意する。

W-SIMユーザなので対応端末ばかりに気がいっていましたが、通常の端末にも新機種登場です。個人的にはやはり「WX320K」が気になりますね。

高速化した"京ぽん"、Javaアプリにも対応「WX320K」によると、

電波の状態に応じて変調方式を切り替え、より高速で安定的な通信を実現する「W-OAM」に対応。データ通信時の高速化に加え、電波が弱い場所でも安定した音声通信を可能にしている。

ということで、より高速かつ安定した通信ができるようになっています。W-SIMでその変化を経験しましたが、けっこう速くなったように記憶しています。

カイ氏伝ではウィルコム音声端末新モデルとWX310Kの気になるところ比較というエントリーで、旧機種との比較を行っています。

そしてウィルコムユーザーからもっとも注目されていたであろう「WX320K」は、フタを開けてみれば外部メモリなし、Flash非対応、各種プレーヤー機能非対応と、前モデル「WX310K」よりもバージョンダウン。画面サイズも2.4インチから2.2インチへと縮小してしまいました。これは私も愛用しているWX310Kの後継ではなく、廉価モデル「WX300K」の後継ってことですね、はぁ。

とはいえ、最後には「あれ、今回の新機種でもそんなに問題ないかも……」という気にもなっているみたいです。男心って難しいものですね。

個人的にはW-OAM対応というのは嬉しいです。

ということで、他にも新端末が登場しています。

W-OAMに対応した“指紋+ビジネス”のセキュリティ端末──「WX321J」

指紋センサーを搭載するストレート型/ビジネスユーザー向けの端末が日本無線製の「WX321J」だ。

W-OAM対応、新指紋センサーでセキュリティも強化した「WX321J」

本体中央部に配置される指紋センサーは、従来の指紋の形状から判断するのではなく、指の表皮のすぐ下にある真皮層を電気的に走査し、さらに指紋認識時の指の角度を補正する機能を搭載したことで認識率を向上させた。

ベネトンカラーに猫 - nico.のコラボレーションモデルが登場

インデックス、ネットインデックス、タカラトミーによるオリジナルの猫のキャラクターを使った「nico.neco」と、アパレル大手のベネトン ジャパンによる「ベネトンコラボレーションモデル」の2製品。

子猫な「nico.」――「nico.neco」誕生

着信メロディには「猫ふんじゃった」をベースとした、さまざまなバージョンのオリジナル音楽を搭載し、待受画面にも子猫のキャラクターを使った5種類の画像を用意。nico.neco専用のオリジナルストラップも付属する。

“ベネトン”コラボの「nico.」登場

ウィルコムのシンプルW-SIM端末「nico.」にアパレルメーカー“ベネトン”とのコラボレーションモデルが追加される。

ウィルコムストア