シンプルボディにマッチする合理的な操作性—「9(nine)」という記事より。

本機は、カメラや音楽再生機能といった今時の最新携帯電話が備えるマルチメディア機能は省かれているが、通信機能は充実している。キャリア独自のEメールのほか、POP3/SMTPによるISPのEメール送受信をサポート。フルブラウザも搭載している。

ネタフルでもONEDARIしてレポートしましたが、ITmedia版のレポートも登場です。購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

ぼくも1ヶ月くらい使っていて思いますが、軽いしデザインも良いし、良い端末だと思いますよ。W-SIMで電話帳共有もできるので、W-ZERO3[es]ユーザの2台目としても向いているのではないでしょうか。

9(nine)/WS009KE

■関連記事

快適なレスポンスが魅力のメールとブラウザ—「9(nine)」

Advanced Wnn V1.2を搭載する「WX310SA」と比較すると、変換ロジックにそう大きな変化は感じなかった。しかし、操作に対するレスポンスや候補表示が高速になり、文字入力は快適になった。この点はCPUにARM9を採用したメリットといえそうだ。