ウィルコムに「9(nine)」をONEDARIさせて頂いてから約2週間、年末年始を挟みつつ生活を共にしてきました。実際に使ってみてどうだったかというまとめエントリーです。

 Images Sany0004-6

シンプルで潔いのが「9(nine)」の良さなのですが、自分的にもっとも気にしていたのは、シンプル故にカメラがないことでした。

ブロガーたるもの、やはりモブログ命なところがありますから「ああ、ここでモブログしたいのに!」とストレスが溜まるんじゃないかと思っていたのです。

しかし結果的には、カメラがないならないで特に不満はありませんでした。はなからカメラがないと「ここでモブログしてやろう」なんてことは思わないのですね、そもそも。

あればあったでモブログするのでしょうが、ないことでストレスが溜まるということはありませんでした。代わりにデジカメを持ち歩いているので、後からじっくりとレポートする、というスタイルで無問題でした。

カメラはないのですが、その分、薄くて軽いのが「9(nine)」の大きなメリットです。気軽にポケットに突っ込んで持ち歩けし、ほとんど重さも感じません。日常的に持ち歩くものとしてはポイントが高いところです。

ブラウザの起動も速いですし、ネット接続のスピードも速くなっているので、シュパシュパとGmailでメールチェックしたりするのが楽になった気がします。

結論としては、カメラがないことはほとんど気にならないですし、むしろそれ以外のメリットが大きかったというところです。すっかりメインの電話になってしまいました。

ただ、いくつか気になっている点もありまして、いずれもファームウェアのバージョンアップみたいな形で対応して貰えると嬉しいです。

・メールとウェブのダイヤルアップをそれぞれ別に変更したい

ネット25という特殊環境のせいでもあるのですが、メールとウェブのダイヤルアップ先を別々に変更できるようになると非常にありがたいです。今も別々に設定できるのですが、片方を変更すると連動してしまうのですね。

・ウェブで回線切断した際に時間がかかる?

一瞬、フリーズした? と思うこともあるので、何か切断中ですよということが分かると良いかな、と思います。もしくは切断自体がスピードアップするとか。

さらに第三者的な意見も紹介しておきたいと思いますが、忘年会などで何人かに「9(nine)」を見てもらう機会があったのですが、グレースケールはやはり好評でしたね。MacユーザはすぐにMacを連想していました。アイコンも同様です。

ウィルコムストアで「9(nine)」を購入するとオリジナル「液晶保護シート」が貰えるのですが、それを装着してみましたので、最後にその姿をご紹介したいと思います。

サイドから見ると画面が黒っぽくなるプライバシーフィルターのようなものです。

Sany0004-7

正面から見たところ。何もつけていない時よりはややザラついた感じにはなりますが、ぶつけてたりすることを考えると保護シートは必要ではないかと思います。

Sany0005-3

サイドから見ると、このように見えにくくなってきます。真ん中には「9(nine)」のロゴが。

ONEDARI BOYS x ウィルコムで「W-ZERO3[es] Premium version」のプレゼント企画もやってますので、そちらもぜひどうぞー。応募はコチラからどうぞ(2007年1月20日締め切りです)。

9(nine)

■関連記事

「9(nine)」ファーストインプレッション
「9(nine)」のGUIはグレースケールでクール
異なる端末で「W-SIM」を使って電話帳を共有する方法
「9(nine)」のキー長押しによるショートカット
「9(nine)」でタイマーを起動するTips