J-WAVEとウィルコム、国内初の本格的モバイル端末向けネットラジオという記事より。

J-WAVE(楠田修司社長)とウィルコム(喜久川政樹社長)は12月11日、J-WAVEが運営するインターネットラジオ「Brandnew J」がウィルコムのPHS端末「W-ZERO3」「W-ZERO3 [es]」に対応し、同日から聴取できるようになったと発表した。

J-WAVEのネットラジオ「Brandnew J」が「W-ZERO3」に対応したことが発表されました。「W-ZERO3」の公式サイト「W-ZERO3向けサイト」からアクセスできるそうです。

「携帯電話やPHSでのインターネットラジオ再生は、長時間にわたり大量のパケット通信が発生するため実現不可能といわれてきた」けれど、データ定額プランと組み合わせることでサービスを実現したということです。

「番組名や放送中の楽曲などもリアルタイムに表示できる」ということですが、移動しながらの視聴とかはどんな感じになるのでしょうね。

J-WAVEがモバイル端末向けにインターネットラジオを提供するのは今回が初めてで、国内初の本格的モバイル端末向けインターネットラジオ番組となるという。

ぼくの料金プランはネット25なので、ちと「W-ZERO3」でネットラジオを聞くのは難しそうです。無念。

「J-WAVEがW-ZERO3で聴ける」—ウィルコムとのコラボプロジェクト始動では開始までの経緯が語られているのですが‥‥

「Windows Mobileが入っている、Windows Media Playerが動く。なら聞けるんじゃないかと。うちのスタッフがW-ZERO3[es]を購入し、契約したその場で(Brandnew Jの)会員登録をしてログインしたら、Brandnew Jが流れた。これは行けるなぁ、と思いました」

意外にこういうものだったりするんですよね。「極端なことをいえば、何から番組が流れてもかまわないんです」ということで、コンテンツを持っている企業の強みですね。

■関連記事

J-WAVE、W-ZERO3向けインターネットラジオの放送を開始

W-ZERO3でのアクセスは、いくつかの手順を踏む必要がある。まず、初回の接続時にDRMコンポーネントを組み込む必要があるため、オンラインサインアップから高速化サービスをオフにして、さらに、Operaの設定画面で、「標準で使用するブラウザにする」の項目をオフにする必要があると、Willcomのサイトで説明されている。Brandnew Jに初回に接続した際、属性情報の入力を行う必要があるのだが、そこがIEでしか使用できないページとなっているためだ。

J-WAVEとウィルコム,PHS端末向けにJ-WAVEのインターネットラジオを配信開始

W-ZERO 3およびW-ZERO 3 [es]のユーザーは,ウィルコムの公式サイト経由で,Brandnew Jの番組をストリーミング形式で視聴できる。