シャープ、W-ZERO3[es]のメールソフトを改善するアップデータという記事より。

シャープは、W-ZERO3[es](WS007SH)の本体アプリケーションの最新版を公開した。同社のWebサイトからW-ZERO3[es]またはパソコン経由でダウンロードして更新できる。

「1.02a」には、旧バージョンのアップデート内容がすべて含まれているということです。実はまだ、一度もW-ZERO3[es]にアップデータをかけたことがないのです。

それどころか! ただの一本もソフトをインストールしていないという。つまり購入したままなんです。アドレス帳の同期をしたくらいです。

それだけW-ZERO3[es]の完成度が高かったということだと自分では思っているのですが、少しずつアップデータに含まれているような不満も感じてきているので、今度こそ実行しようと思っています。

最新版では、W-ZERO3メールの返信メール作成時に引用の有無が設定可能になったほか、メールの処理が改善された。このほか、動作の安定性が向上している。

細かいところですが嬉しいですね。なんで引用の有無の設定がないんだろう? とは思っていました。

ココからアップデート方法が分かります。

ウィルコムストア

■関連記事

シャープ、「W-ZERO3[es]」用更新ソフトウェアを公開

アップデートは本機で直接ダウンロードする方法、あるいはPCとActiveSyncを用いて行う方法で行う。ファイルサイズは4.07Mバイト。