ウィルコム、W-OAM対応のシンプルなストレート端末「9」という記事より。

ウィルコムおよびウィルコム沖縄は、PHSの高度化通信規格「W-OAM」に対応したケーイーエス製の音声端末「9(nine)」(WS009KE)を12月中旬に発売する。

ウィルコムから、成熟した(mature)大人をターゲットにした新しい端末「9」が登場しました。


Nine Image 2

ディスプレイは2.0インチ、240×320ドット、26万2,144色表示のTFT液晶。カメラやメモリカードスロットは搭載されない。

ブラックとホワイトの2モデルで、ボタンなども見た感じは非常にシンプルです。確かに大人がターゲットというのも分かるかも。ただ、せめてカメラくらいはついていてくれると嬉しかったかな、と。

名前の由来は、

機種名称は、コンセプトなど余分な意味は持たせずに、あくまでも記号としての役割を担うため、型番を元に“9”とした。

という言う意味だそうです。変にこだわらずに、シンプルで良いと思いました。しかもnico.より一回り小さいんだそうです。

最大204kbpsで通信が可能な「W-OAM(WILLCOM Optimized Adaptive Modulation)」に対応しています。W-SIMとW-OAMは互換性があるので、従来のW-SIMユーザでも利用が可能です。

逆に、W-OAM対応W-SIMを従来の端末にも装着できるため、例えばW-ZERO3に装着すると、ドライバーソフトなしで最大204kbpsの通信が行なえる。

な、なんだってー!?

ノーマルのW-SIMから、W-OAM対応W-SIMへの乗り換えってできるのでしょうか。それって機種変?

ウィルコムストア

■関連記事

ウィルコム、「9」やW-ZERO3周辺機器などを展示

実際に体感できる状態となっていたのは「9」のみだが、次々と来場者が手にとっており、注目を集めていた。30代のビジネス層など“大人”のユーザーをターゲットにした端末だが、若い女性層の来場者からは「なにこれ?! かわいい」という声も挙がっており、担当者は手応えを掴んでいた様子だった。

ウィルコム、W-SIM対応の新音声端末「9 (nine)」を発売

ようやくW-SIM対応で「普通の」音声端末がでてきました。nico.ではちょっと物足りない、かといってW-ZERO3と[es]を併用するのは人として間違っている気がする方には待望の機種です。