クセのある操作系は引き継ぎつつも、格段によくなったカメラ性能──「W-ZERO3[es]」という記事より。

「この画質ではちょっとつらい」と思うW-ZERO3ユーザーも多いが、W-ZERO3[es]のカメラ性能はどのくらい向上しただろうか。W-ZERO3と比較しながら、その使い勝手や気になる“写り”をチェックしていこう。

ぼく自身、W-ZERO3とW-ZERO3[es]を使っていますので、その進化したカメラ性能にはかなり満足しています。

画質もキレイになったし、何よりマクロ撮影ができるのが嬉しいです。携帯電話でちょっと撮影したいのは、モノだったり食べ物だったりするので、マクロ機能は必須といっても良いでしょう。

ということで、個人的にW-ZERO3[es]程度の写真が撮れれば、モブログ用途には十分だと思っています。

W-ZERO3で撮影したモブログエントリー
MARIO FACTORY(マリオファクトリー)
千寿の天むす
カブトムシ男

W-ZERO3[es]で撮影したモブログエントリー
湯布院の牛乳プリン
ひとりマトリックスたつを
夏祭り

この記事ではW-ZERO3とW-ZERO3[es]の実写比較や、屋外、室内での写真などの写真を見ることができます。

まあカメラ機能をメインにしたくてW-ZERO3[es]を購入する人はいないでしょうか、なるほどこのくらい撮影できるのか、という参考にしたら良いでしょうね。

あ、シャッターボタンがなくなったので、シャッターボタンでカメラ一発起動がなくなったのが残念といえば残念かも‥‥。記事でも触れられていますが、そのあたりの操作感というのは特徴的です。

W-ZERO3 [es]/WS007SH