2006年上半期、最も売れた端末は?──ウィルコム編という記事より。

2006年上半期で最も人気を得たウィルコム端末は、“シンプル京ぽん”こと「WX300K」だった。2005年11月に発売されたこのWX300Kは上半期の週別ランキングすべてでトップを獲得し、圧倒的な人気を博した。

実はW-ZERO3以外はあまり詳しくなかったりするのですが、「WX300K」てそんなに売れているのですかー。へー。

定額プランを活用して「量販店等において“家族の通話用”として複数台購入するのに適した端末だった」というのに納得。

「ちなみに同端末は2006年6月に4xパケット通信に対応」というのが、さらに人気に拍車をかけているかもしれませんね。

ちなみにトップ10はこのようになっています。

1 WX300K
2 WX310SA
3 W-ZERO3(WS003SH)
4 WX310K
5 H-SA3001V
6 AH-K3001V
7 AH-J3003S
8 WX310J
9 AP-K202S
10 W-ZERO3(WS004SH)

もし自分でもう一台購入するならば、やはりW-SIM端末になると思うのですが、昨日見せてもらった「nico.」は良かったですねぇ。

機能をそぎ落とし、小さく、そしてシンプル。W-SIMを差し替えるだけでいいので、一台手元に置いておきたい質感でしたよ。

nico./WS005IN[年間契約あり]

ウィルコムストア