W-ZERO3[es] + 外部 USB Keyboard で世界最小 PC!?というエントリーより。

をを!接続したとたんに即認識され、利用出来る様になった。手間いらず。早速タイピングを試すと、打鍵のスピードに MS Word Mobile の文字表示、漢字変換処理動作がきっちり追従する。これならちょっとした会議メモ等にも十分利用出来るだろう。モバイル環境でのブログ入力には、最強・最小の組 み合わせと言えるかもしれない。

W-ZERO3[es]のUSBホスト機能レビュー記事にも書いた通り、W-ZERO3[es]+USBキーボードの環境がちょっと気になっています。

W-ZERO3[es]自体にキーボードがあるではないか! という話もあるのですが、確かにありますが、長文入力には不向き。

長文入力にはノートPCがあるではないか! という話もあるのですが、常に持ち歩くにはMacBookは重くて不向き。

そうなると、電話として必ず持ち歩くW-ZERO3に、軽量のUSBキーボードを持ち歩くというのはなかなか良い選択肢なのでは、と思えてきます。

気分転換にカフェで原稿を書くとか、思い立ってブログ用のエントリーを起こしておくとか、W-ZERO3[es]のキーボードでは物足りないときに、さっとUSBキーボードがあると非常に便利そうです。

というところで、minamiさんのレポートが早速上がっていました。これはもう、間違いなく“買い”ですね。

内蔵キーボードの出来も良く、普段はそれでも十分使える es だが、ブログエントリーや email など、ちょっとした文章を数行にわたって入力する場合には、やはりもうひとまわり大きな Keyboard を使いたくなるはず。USB 外部デバイスの接続にも対応した SmartPhone の W-ZERO3[es] は、モバイル・ユーザーのニッチな要求を、見事に満たしてくれる一台ですね。脱帽。

いやー、本当にそうですね。聞くところによると動作もキビキビに変わっているようなので、モバイル環境としても良さそうです。minamiさん推奨のキーボードも、Amazonで3,500円くらいなので手頃な感じ。

ミーティングの議事録をとるのには確かに良いですね。

さらにW-ZERO3[es] での Web Browsingというエントリーも。

しばらく利用してみて意外だったのは、縦位置でも結構使い易い事。先代 W-ZERO3 で Web Browsing の際には殆ど縦位置は使わなかったのだが、es は携帯電話らしいサイズになり、縦位置のホールドが抜群にし易くなった。

ああ、早く届いて欲しいW-ZERO3[es]! 普通の携帯電話ライクに縦位置で使えるのはウェルカムです。

USBホスト機能により、スマートフォンとしてだけでなく、超小型モバイルPCとしての可能性も広がったW-ZERO3[es]です。

ELECOM パンタグラフ式USB&PS/2キーボード 日本語84キーミニキーボード ブラック TK-UP84CPBK

ELECOM パンタグラフ式USB&PS/2キーボード 日本語84キーミニキーボード ブラック TK-UP84CPBK