「Skype for Pocket PC 2.0」リリースというニュースをうけて、W-ZERO3に「Skype for Pocket PC 2.0」をインストールしてみました。

Skype for Pocket PC ? Downloadからダウンロード可能です。まだ日本語版がリリースされていないので、とりあえず英語版をダイレクトにダウンロードしてインストールしてみました。ちなみに「Download Skype for high speed CPUs」です。

最新版をインストールする前に、とりあえずベータ版は削除しました。

その後、ダウンロード→インストールという手続きを取りました。インストールが完了し起動すると、日本語のベータ版を使っていたからか、なぜか日本語表示しています。

ベータ版の時はログインしてもコンタクトリストが表示されなかったのですが、今回は果たしてどうか?

今回は無事にログイン! ということで、W-ZERO3でも問題なくSkypeが使えるようになりました。

とりあえずテキストチャットを試しましたが、問題なし。相手がネットワーク内だったためか、ほとんどリアルタイムです。

さらに音声通話もしてみました。若干遅れはあるものの、こちらの声はきちんと相手に届きます。仮に相手からの声がW-ZERO3に届くとすれば本体裏のスピーカーなので、実際に使うのであればヘッドフォンなりが必要になりそうです。

さらに山手線の中からも試してみました。PHSで接続しつつ、IMで話しかけたところ、電車での移動も全く気にならずに通常のテキストチャットができてしまいました。停止している時はもちろんですが、移動中も大丈夫です。

ただ、上野駅に到着した際に原因不明で回線が切れてしまいました(接続自体は東京駅から上野駅までテスト)。

Skypeを起動していると若干動作が緩慢になりますが、必要な時だけ起動すればいいので良いでしょう。

ブラウザにメーラーで、後はGoogle TalkかSkypeが使えるようになればいいな、と思っていたのですが、これでばっちりです。出先からもメッセンジャー機能でコンタクトリストの人たちとコミュニケーションが可能になりました。素晴らしいです。

Skype