2xパケットの速度を測ってみました──W-ZERO3使い始めという記事より。

事実上PIAFS 64kbpsに遜色ないスループットの出る「ネット25」と、32kbpsパケットを2つ束ねた2xパケットのスループットがどの程度違うのかはこの時点では分かりませんでしたが、とりあえず「ネット25」への迷いもなくなりました。

「W-ZERO3」で料金プランをどうするのか? というのは、それなりにヘビーに使う人だったら迷うところもあるかもしれません。

ライトに使うのであれば、通話定額 + データ定額で良いかな、と思うのですが、データ定額の1,050円には上限がありますから(10万パケットまで)、料金を気にしながら使うのも、ちょっと嫌なもの。

そこでぼくはネット25という、実はデータカード向けのプランを使っているのですが、これにはメール放題のオプションを入れたり割引を活用したりなんだりで、結局は4,500円くらいになっています。

毎月25時間は使わなかったり、実はメールとブラウズのダイアルアップの設定を別に設定しないといけなかったりであまり初心者向けではないので、初めて手にする人だったら本当に通話定額 + データ定額がいいんじゃないかな、と思います。

が、いろいろと選択肢はあった方が良いとも思うので、さらに興味のある人はこの「つなぎ放題1x」が2xに増速された料金プランも検討してみると良いのではないかと。

1xパケットと2xパケットを幾度か切り替えて利用してみましたが、2xパケットは数値以上に体感的にも高速で、ニュースサイトを見たりちょっと調べ物で検索する程度ならほとんどストレスを感じません。筆者の場合長期割引とAB割で月額料金は3654円ポッキリ。とりあえず大満足で使いまくってます。

つなぎ放題の料金体系を見ると、加入時に年間契約 + A&B割だと4,263円です。

そしてネット25だと加入時に年間契約 + A&B割で3,969円です。ただしメール放題をつけると500円増しになるので、つなぎ放題よりも若干お高めに。何が違うかというと、2xか4xかという接続スピードの部分です。

ようやくウィルコムの料金体系にも慣れつつありますが、初心者にはけっこう高いハードルかもしれません。そういう時は何も考えずに「通話定額 + データ定額」で良いかな、と思いますが。

ということで、ウィルコムストアの在庫ですが、ただいまの時間ではバッチリでございます。ようやく供給が追いついてきたんでしょうね。

ウィルコム直営オンラインショップ 最短即日発送・ポイント還元(ウィルコムストア)

W-ZERO3_90x90