ウィルコム、高度化PHS規格「W-OAM」発表という記事より。

ウィルコムは、高度化PHS規格「W-OAM(WILLCOM Optimized Adaptive Modulation)」を発表した。

ウィルコムが、高度化PHS規格「W-OAM(WILLCOM Optimized Adaptive Modulation)」を発表しています。

W-OAMは「電波状態に応じてより高速な変調方式を自動的に選択することで、高速化を実現するPHS通信規格」だそうです。

規格に対応した製品が2月に発売されるのですが、

「AX520N」は最大408kbps(8xパケット通信時)、「AX420N」と「AX420S」は最大204kbps(4xパケット通信時)でのデータ通信が可能となっている。

ということで、スピードアップがなされています。ただし、既存の端末ではサポートされませんので、新たに購入する必要があります。

これまでの1チャンネル32kbpsから、51kbpsに速度が向上します。