必要に迫られて「W-ZERO3」をフォーマットしました。

ウィルコムメールを自動で受信した後に、自動で切断が切れないという問題が発生し、サポートに問い合わせても問題が解決しなかったので、最後の手段としてフォーマットすることにしました。つまり、工場出荷時に戻すようになります。

標準のバックアップソフトがあるのでそれでバックアップを作成し、いざフォーマット。マニュアルが手元にないため、W-ZERO3/雑記 - wiki@nothingを参考にさせて頂きました。

作業自体は簡単に済みました。諸々の設定を済ませ、テストメールを送信。受信‥‥切断! 初期状態では問題がないことが判明。続いてバックアップを戻してみます。

このバックアップは凄いです。アプリケーションから設定まで、同じ状態に戻りました。普段からバックアップしておいて損はないですね。

バックアップデータを戻したところ、再度テストメールを送信。受信‥‥切断! 結局、何が問題だったのかよく分かりませんが、とりあえず元の状態でも問題なくなりました。

結果的に、フォーマットしたらメールを自動受信してから切断されないという不具合は解消されました。

と言いたいところなのですが、新たな問題が発生。

バックアップを戻した後にオンラインサインアップをするように言われるのですが、それを設定するとどうも途中で止まってしまうようなのです。「OK」を押して終了させ、諸々の設定を確認していると「接続」の設定が壊れていることが判明。

「詳細設定」から「ネットワークの選択」で選んでも、選んでいるのとは違う設定が開かれてしまうのです。設定名と設定情報の紐付けが壊れてしまった感じ。何度繰り返しても、オンラインサインアップの後に再現することを確認しました。

もう一度フォーマットして、一から始めるのが近道なんでしょうかね‥‥。

追記:
原因はオンラインサインアップ時にできるであろう「センタ名称設定」というファイルが、既存の設定とぶつかることで、設定が壊れてしまうことにあるようでした。

使いはじめの頃、「センタ名称設定」という名前がよく分からずに変更してしまっていたのですが、無線LAN切り替えツールをテストした際に「センタ名称設定」がないと怒られたため、恐らく本来は「センタ名称設定」ではないものを「センタ名称設定」に変更してしまっていたようなのです。

そのため、本来なら「センタ名称設定」ではないものと、オンラインサインアップ時に誕生した「センタ名称設定」がぶつかってしまい、設定が壊れてしまっていたようです。既存の「センタ名称設定」の名前を変更してからオンラインサインアップをしたところ、うまく動作しました。

ただし、ゴーストのように設定変更できない設定が一つできあがってしまったので、次は一度全ての接続設定を削除してから試してみたいと思います。

つまり、

・フォーマット
・バックアップ復元
・接続設定を全て削除
・オンラインサインアップ
・接続を再設定

という流れを考えています。

これに気づくのにしばーーーーらくかかってしまいました。もし同様のことで悩んでいる人がいたら参考にしてください。

ウィルコム直営オンラインショップ 最短即日発送・ポイント還元(ウィルコムストア)

W-ZERO3_90x90