スマートフォン「W-ZERO3」に関する記事は、いくら読んでも楽しいですね。スマートフォン「W-ZERO3」関連記事に続き、各所で掲載されている記事を発見したので、まとめておきます。これであなたもウィルコマー。

盛り上がるウィルコムブース。ドコモは出展なしなんていう記事もあります。

Windows Mobileを搭載したPDA型端末「W-ZERO3」まで展示している。特にW-ZERO3に触れるために長い列までできており、開幕早々、最もにぎわっているブースとなっている。

わー、実機を見てみたい!

ウィルコム、「エリア確認ツール」運用再開という記事も気になりますね。

指定した住所付近に、ウィルコムの基地局アンテナがどの程度配置されているかを、Webページから確認できる。

ウィルコマーになりたいけど、アンテナが心配なんていう方には最適です。

WILLCOM|エリア情報

ちなみに、我が家は「最寄のアンテナまで約40mです」だそうです。すごい、そんなことまで分かるんだ。ほほう、あの辺とあの辺にあるのね、みたいな感じでおおまかな場所も分かります。とても電波が入らなそうな場所に外出する時に事前に調べておけば良さそうだ。

■関連記事

ウィルコム、VGA液晶のWindows Mobile端末を投入──W-SIM対応の「W-ZERO3」

VGA対応の3.7インチモバイルASV液晶とスライド式のフルキーボードを搭載し、「携帯の機動性」と「PCとの親和性」をうたう。

ウィルコム、Windows Mobile搭載のW-SIM対応端末「W-ZERO3」

ハードウェア面を見ると、CPUはインテルPXA270 プロセッサ 416MHz、内蔵メモリは128MBで、ワークエリアは64MBとなっている。miniSDカードスロットを搭載しており、最大1GBモデルまで利用可能。

ウィルコム八剱氏「W-ZERO3はウィルコムにしかできない新世代ツール」

八剱氏はW-ZERO3を「PCと携帯を併せ持つ新世代ツールであり、弊社しか実現できないと自負している」とコメント。2005年度中は約10万台を出荷し、その販売状況次第で今後の生産台数につなげていくとの方針を掲げた。

写真で解説する「W-ZERO3」

。「自宅や会社など複数の無線LAN設定を保存し、適宜呼び出せる。ホットスポットでのID、パスワードなどを管理し、ユーザーが面倒なくホットスポットを利用できるソフトも提供予定」

インテリシンク、ウィルコム「W-Zero3」に対応

Intellisync Mobile Suiteは、携帯電話などのモバイルデバイスから、グループウェアのメールやスケジュールにアクセスするシステムを構築するためのプラットフォーム。

ウィルコム、HOTSPOT利用の無線LANオプションを月額700円で2006年に開始

ウィルコム公衆無線LANオプションは、NTTコミュニケーションズが提供する公衆無線LANサービス「HOTSPOT」の利用が可能になるオプションサービス。