2013 12 24 1333

高所恐怖症なので、高いところに誰かが立っている動画を見ているだけでも目の前がクラクラしてきます。フランスのアルプス山麓のシャモニー(Chamonix)で、高さ3,842mのところに全面ガラス張りの展望台が造られて話題になっているそうです。

空中浮遊を疑似体験?仏アルプスにガラス製の展望台が完成という記事になっていました。

仏アルプス(Alps)山麓のシャモニー(Chamonix)で、3年をかけて建設されたガラス製の展望台、「Step into the Void(空間に入る、の意味)」の利用が開始された。

その名も「Step into the Void」と名づけられた展望台は、高さ3,842mのところに位置します。足元は崖。つか、富士山よりも高い。

「3層ガラスでできており、時速200キロの風に耐えられる」と記事にはありますが、ダメだ、信用できない‥‥絶対に落ちちゃうよ!

2013 12 24 1338

「Step into the Void」展望台を造っているところを収めた動画もあったのですが、もう無理です。これは無理です。

2013 12 24 1339

ヘリコプターで資材を運んだようですが、本当に、なんでこんなところにこんなものを造ろうと思ったのか。確かに観光の目玉にはなると思うのですが、普通に景色を楽しめばいいじゃないですか!

ということで、足元をヒュンヒュンさせたい人は↓の動画をどうぞ。