2013 12 10 1007

Googleが、2013年に人気になった企業の動画広告のベスト10を「YouTube Ads Leaderboard」として発表しています。動画の人気(自然視聴)とプロモーション(広告での視聴)を組み合わせて算出されたランキングだそうです。

集計期間は2013年1月〜11月です。それではランキングをどうぞ!

1. 「スプラッシュ自販機」日本コカ・コーラ

2. 「ふなっしー/お・も・て・なっしー」ドワンゴ

3. 「EXTREME DRIVING WITH Ms.SEXY」SUBARU

4. 「スプラッシュ自販機 ドキュメンタリームービー vol.2 ~伊豆白浜~ Sprite」日本コカ・コーラ

5. 「NIKE BASEBALL 選手宣誓」ナイキジャパン

6. 「#PlayStation2013」ソニーコンピュータエンターテイメント

7. 「ドリームブラ」ピーチ・ジョン

8. 「矢沢永吉が熱唱!HeyJude(ヘイジュード)サントリー

9. 「I Love Lideo / デジタル本兄弟」BookLive!

10. 「FULL CONTROL / REAL」KDDI

最近の作品だとサントリーは印象深かったですね。半沢直樹のテレビCMで流れました。個人的には、ナイキが好きです。

Google Japan Blog: 今年の人気動画広告を振り返る - 2013 YouTube Ads Leaderboard を発表という記事では、YouTubeの動画広告の活用ポイントがまとめられています。

1. デジタルはクリエイティブの可能性を拡げる

2. made-for-web の機運

3. 著名人、キャラクター、音楽、テレビコマーシャルの有効活用

時間的な制限にとらわれず、ウェブでの展開を意識する、といったもののようです。2014年はさらに動画広告も伸びると思いますが、どんな作品が登場するのでしょうね!?