2013 11 11 0948

2013年全国吹奏楽コンクール中国大会で、中学校小編成の部で金賞・最優秀賞と、大­会初となる審査員特別賞を受賞した島根県大田市立大田第三中学校吹奏楽部の演奏する動画が話題になっています。なんと部員は8人。代わる代わる楽器を移動しながら演奏する様子は圧巻です!!

全校生徒が約30名の山間の中学校で、部員8名という、吹奏楽の限界人数で演奏する姿­は、まさに神業です。1人が複数の楽器を持ち替えながら、同一の楽器でも演奏者が変わ­っていくのも注目です。

ぼくも中学時代は吹奏楽部に籍を置いていたので分かるのですが、一人で複数の楽器を担当するというのは、並大抵のことではないですよ。トロンボーン担当でしたけど、コンクールのためにトロンボーンを練習するのだけでも大変でしたから‥‥。

それにしても「中学校小編成の部」というのがあるのですね。しかし、全国大会には「中学校小編成の部」はないそうで、審査員にも「全国大会に出させてあげたい」と言わしめたそうです。

みんな、吹奏楽が好きで好きでたまらないのでしょうね。この経験は、きっと一生の財産でしょう。先生の指導も凄いです。

サッカーに例えるなら、ほとんどの生徒がユーティリティプレーヤーで、フォワード、ミッドフィールダー、ディフェスをこなしちゃうみたいな感じですね。