2013 07 08 1202

テレビ映像とネット動画を並べて表示してはいかん!

ということで、民放各局がパナソニックのスマートテレビ「スマートビエラ」のCM放映を拒否しているそうです。民放各局がパナ新型テレビのCM放映拒否という記事になっていました。

放送関係者らによると、問題のテレビは4月発売の「スマートビエラ」シリーズ。テレビをつけると、放送中の番組の下と右にサイトやネット動画などが並び、リモコン操作で簡単にアクセスできるようにする機能がある。

この、テレビ映像とネットの情報が同時に表示されるというのが「関係業界で定めた技術ルール」に違反していると判断されたそうです。

これは視聴者がテレビ番組とネット情報を混同しないようにするためのルールということなのですが、見る方からすれば便利ならそれに越したことはない訳で、あまりそこの区別は必要ないのかも。

うちのJINANとか、普通に音声検索してYouTubeを見まくってますからね。テレビもハードディスクレコーダーに録画した番組を繰り返し見ているし、テレビだとかネットだとかライブだとか保存だとか、もしかすると全く意識していないのかも?

今回のCM放映拒否で、かえって「スマートビエラ」は話題になりましたね。むしろ、どんな機能を持ったテレビなのか気になりますから。

ということで、パナソニックがYouTubeにアップロードした動画がこちらです。

「視聴者の使い勝手を考えれば、現行ルールは時代遅れでは」という放送関係者の声も。

仮にAppleからスマートテレビが発売されたりしたら‥‥とか考えると、確かにルールが追いついていない気がしますね。