2011 10 03 1106

29歳の聴覚障害の女性が、人工内耳により初めて音を聴いた時の動画というのが話題になっておりました。

【感動映像】生まれつき聴覚に障害のある女性(29)が人工耳により初めて「聞こえた」時の瞬間映像 – ロケットニュース24(β)という記事で知りました。

彼女は8週間前に人工内耳の手術を行った。人工内耳とは、体内部と体外部に、それぞれ機器を設置して、電気信号を直接聴神経に送り込むという技術である。

無事に音声が聞こえ、女性が感極まって泣いている様子が動画として収められています。

とても感動的な動画です。

ただ、一方で人工内耳は万能ではなく、取り付けることによるデメリットもあるのだそうです。

「生後8ヶ月で人工内耳手術を受けて初めて母親の声を聞いた赤ちゃん」に感動したと言う件に違和感を覚える人工内耳ユーザー - Togetter

例えば、この子は一生頭部に衝撃が当たる可能性があるスポーツは出来ない。球技とかね。子供に混じって遊ぶのも危険。そういう普通の子供が出来る可能性を狭めるリスクをとってのこの反応なのねー。