Marc Scibilia氏が一人でボーカル、ギター、ピアノ、ベース、ドラムなどを演奏しているミュージックビデオです。

文字通りのワンマンバンド。途中でパートを入れ替わったりして、芸も細かいです。