何事も、最後まで気を抜いちゃいかん、ということですね。