2015 11 12 1129

個人的には「あの栄光をもう一度」とは、あまり思わない。2015シーズン最終節にかけるたくさんの思いがあるはずですが、ぼくは「勝って啓太とお別れしたい」ただそれだけです。