2014 03 10 1152

感電事故で右手を失ったドラマーが、2本のスティックを装着したロボット義手により、驚きのドラムプレイを披露している動画がありました。事故で右手を失ったドラマー、ロボット義手を得て3本のスティックを操り復活(動画)という記事になっていました。

米ジョージア工科大学の Gil Weinberg 教授が、感電事故により右肘から先を失ったドラマー Jason Barnes氏のために、2本のスティックを装着したロボット義手を開発しました。続きに掲載した動画では、Barnes氏がこの義手と左手、計3本のスティックを使ってドラムプレイを披露します。

片腕を失うということは、楽器を演奏する人にとっては本当に辛いことだと思うのですが、ロボット義手によりハンデを克服できるというのは希望になります。

2本のスティックですが、1本は筋肉の動きで動作し、もう1本は自動制御となっているそうです。