スポンサードリンク

【動画】最年少オセロ世界チャンピオン帰国のANA便で奇跡が起きる

スポンサードリンク

【動画】最年少オセロ世界チャンピオン帰国のANA便で奇跡が起きる

第42回世界オセロ選手権で福地啓介さん(小5)が11歳128日の最年少優勝を果たすというニュースをお伝えしておりました。テレビのニュースでも取り上げられたりしてご覧になった方も多いと思いますが、この帰りの飛行機で奇跡が起きていました。

スポンサードリンク

こちらのツイートをご覧ください。

こんなこと起きるのでしょうか!?

「本日、世界チャンピオンをこの飛行機にご利用頂いております。今回のチャンピオン、最年少優勝記録、11歳という快挙でございます。この話をぜひお客様ともシェアしたく、少々お時間を頂きました。実を申しますと、以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録、今回大幅な更新でございます。大変な快挙でございます。また女子世界チャンピオンにもご搭乗頂いております」

「以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録」

「以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録」

「以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録」

!!!!!

福地啓介さんの11歳の前の最年少優勝記録が15歳というのは報じられていたのですが、まさかその少年がANAのパイロットになり、新チャンピオンの帰国便の機長をしていたとは!!!

粋な計らいなのでしょうか。それとも奇跡なのでしょうか。

機長のアナウンスでは「日本はオセロの世界では有名」という言葉もあったので、もしかすると日本のオセロ選手団を乗せる可能性は把握しつつ、フライト業務をしていた‥‥のかもしれませんが、それにしても自身の最年少優勝記録が更新されるかどうかまでは分からないわけですから、これは本当に奇跡ですね!!

なお、この動画をツイートしたのは「2009,10,12,15,17年オセロ世界チャンピオン」の「じゃんぷ」さんです。

日本オセロ連盟は次のようにツイートしていますので‥‥

何らかの機内アナウンスがあると思い、じゃんぷさんも動画撮影をしていたのかもしれませんね!

最年少オセロ世界チャンピオンが帰国するANA便の機長が、それまで15歳記録を持っていた谷田邦彦キャプテンという奇跡が起こったお話でした。

イイ話を通り越して凄すぎイイ話です!

なお、福地啓介さんは「準決勝で、優勝候補だった日本人選手を破り」と伝えられていたのですが、対戦相手はじゃんぷさんだったようです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【マクドナルド】てりやきマックバーガー好きが「てりやきチキンフィレオ」を食べてみた【感想】

次へ

【動画】デーモン小暮閣下、元横綱・輪島の告別式で引退する力士のための歌を捧げる