2014 04 10 1136

地元の人たちが愛したという、福島県富岡町夜ノ森の桜並木の動画です。福島県富岡町は2013年3月25日の「避難区域再編」により、立入が可能になった地域ができました。この夜ノ森の桜並木は、時間制限で立入が可能な「居住制限区域」で、その時間内で撮影された動画です。見事な桜のトンネルです。

実は2014年3月のいわき旅行では、少し足を伸ばして福島県富岡町にも行っていました。まさにこの桜並木を、桜が咲く前の桜並木をクルマで通りました。その時に、地元の方たちがこの桜に格別の思いを持っていることを伺いました。また、震災の傷跡がまだまだ残っている地域でもあります。

Tomioka 0018

かつては駅舎があったそうです。

Tomioka 0020

Tomioka 0021

Tomioka 0023

Tomioka 0026

Tomioka 0028

Tomioka 0029

Tomioka 0032

体育館には、卒業式のための紅白の幕が張られたままでした。

Tomioka 0030

校庭は土を10cmほど削り、除染したそうです。

Tomioka 0034

しかし、校庭の脇にある側溝のような場所は、まだ線量が高いです。

Tomioka 0036

Tomioka 0039

あちこちにこうした黒い袋があります。この中には、除染した土砂などか入っているのでは、とのことでした。

Tomioka 0040

福島第一原発からも近いです。

Tomioka 0041

同じ街の中でも、ここから向こうへは立ち入ることができません。

Tomioka 0042

Tomioka 0043

Tomioka 0044

Tomioka 0047

案内して下さった地元の方の仕事場、自宅も見せて頂きました。

Tomioka 0050

雨漏りが修繕できなかったために、天井が落ちてしまったそうです。

Tomioka 0051

Tomioka 0054

部屋にはネズミの糞が散らばっています。やはり、人が住まないと家は傷みます。

最後に。これが3月の福島県富岡町夜ノ森の桜並木です。

Tomioka 0046

Tomioka 0045