2016 12 05 0945

YouTubeで見かけるレゴを使ったスゴイ装置の動画、なかなか言葉で説明しにくいんです。言葉で説明しにくいものを作ってしまう、その発想、アイデアにも驚かされます。今回紹介するこの動画もそう。ウネウネとボールを運んでいく‥‥仕組みを見せられても、どうやって作られているのか分かりません‥‥スゴイ‥‥ウネウネとしか書けない‥‥。

実はこちらのレゴ作品、作られているのは日本人です。Strain Wave Gearing GBC Module | Akiyuki.jpに日本語の解説があります。

波動歯車装置の機構を使用したGBCモジュール作品です。2012年に製作した波動歯車装置の模型をベースとしています。波動歯車装置は産業用途等で使用される減速機で、ハーモニックドライブ・システムズ社の製品が有名です。この機構をGBCモジュール化する構想は以前から持っていましたが、実現がすることが難しく作品を完成させるまで時間がかかりました。

波動歯車装置」という名前のついている機構だったのですね! 製作開始は2016年3月、完成したのは2016年7月となっています。その他の作品はコチラから。

レゴの可能性は本当に無限ですね。ネタフルでも次のような記事を書いています。

【衝撃動画】え゛え゛え゛え゛え゛え゛!?レゴで飛び出す姫路城

【動画】レゴで作られたボールを運ぶ装置が圧巻すぎる(Lego Great Ball Contraption)

【動画あり】数独を解くLEGOマシン

【動画あり】M&M'sを自動で色分けできるLEGOで作られた装置が無駄にすごい

【動画あり】これがLEGO!?自動で紙飛行機を折るマシン